カウンセリングを受けるかどうか迷う、どのくらいの症状の人が受けるべきか?

マスター

脳神経外科→精神科クリニックにて作業療法士として勤務→オンラインカウンセリング開業。HSPの特性を活かして、悩んでいる方に対してオンラインにて悩み相談、カウンセリングを行いながら日々、メンタルヘルスの知識を発信を行っています!

マスターをフォローする
未分類

HSP×作業療法士×心理カウンセラーのマスターです!

「悩みはそんな深くないし、日常生活は普通に過ごせている。そんな状態でカウンセリングを受けてもいいんですか?」

「日常生活に支障はきたしていないけれど、毎日が本当に辛いです。これでもカウンセリングは受けられますか?」

「精神疾患を患っていて、日々が辛いです。こんな状態でもカウンセリングは受けられますか?」という質問をSNS等でされることがよくあります。

ということで今回は、どの程度の状態・症状ならカウンセリングを受けるべきか解説します。

そもそもカウンセリングって何?という疑問をお持ちの方はこちらの記事をご覧ください!

また、こんな症状が出ているんだけど、カウンセリングよりも精神科に行った方がいいの?という疑問を持つ方もいると思いますので、こちらの記事に詳しく記載しております!是非ご覧ください!

カウンセリングを受ける対象ってどんな人?

実はどんな人でも対象

結論からお伝えすると、どんな方でもカウンセリング受けることは可能であり、対象です。何故なら心理カウンセラー自身も自分の理解を深めたり心のメンテナンスのために心理カウンセリングを受けることもあります。

健全な状態でも、自分自身が本当に望んでいる事や、本当に感じている事をカウンセリングの中で発見できることも多いです。また、カウンセリングを通して学んでいく心理療法やアドバイス等には人生を生きていく上で大切な知識でもあるので、どんな人が学んで成長していくことは何も損はないと思います。

ですから、日常生活は問題なく送れていても、以下のような状態でもカウンセリングを利用すると楽になります。

  • 人間関係で悩んでいる
  • 漠然と不安に襲われる
  • 育ってきた家庭環境が理由で、深い孤独感がある
  • 怒りのコントロールができない
  • 恋愛でいつも同じような失敗をする
  • ストレス対処の仕方がわからない
  • 異性に近づくだけで緊張感が強い
  • 人とのコミュニケーションがうまくできない
  • 人の視線が気になる
  • 過去のトラウマで動悸や涙が止まらない事がある
  • HSP気質で生きにくさを感じている

このような状態の時は、心療内科精神科を利用するのではなく、カウンセリングの方がオススメです。

というのも、基本的に心療内科や精神科に行くと「お薬」が出されます。

統合失調症や、不安感が重度のうつ病には「薬物療法」も必要な場合もありますが、上記のような状態で「薬物療法」を行っても、一時的に不安感が楽になるだけで、根本的な解決には繋がらないです。一番大切なのは、悩みや問題の根源をどうにかしていくことです!

カウンセリングのメリットについてはこちらの記事に記載しております!

カウンセリングを受ける=心が弱い人という訳ではない

日本ではカウンセリングというと心が病んでいる人とかメンタルがやられている人精神疾患を患っている人が受けるものというイメージがとても強い印象です。

カウンセリングはそういった人たちだけのものではなく、自己肯定感を高めたい方や、何となく心に違和感がある、緊張が強くて本来の力を発揮できない場合にも有効です。

もちろん、心が病んでしまっている人やメンタルが崩壊してしまっている人、精神疾患を患っている人に対しても有効で効果的なのがカウンセリングです。

ですが海外では、なんと経営者などが心のメンテナンスやストレスケアのためにカウンセリングを使うケースも多いのが事実です。

海外では主流なのに、日本ではカウンセリングってあまり浸透していないんですよね。

カウンセリングは受けた方がいいの?

カウンセリングの対象はどんな人でも良いということはわかったんだけど、結局のところ受けた方が良いんですか

悩んでいる人なら全員がカウンセリングの対象なので、受けたほうがいいか、受けないほうがいいではなく、受けたいか、受けたくないかです

とても単純な話です。単に受けたいなら、受けたらいいですし、受けたくないなら、受けなかったらいい、ということなのです。

  • 相談する人がいなくて、話を聴いてもらって気持ちを楽にしたい
  • 今の悩みを解決するために、カウンセラーのサポートを得たい
  • 悩みを解決して人生をよりよくしていきたい
  • 精神疾患を患っているから症状を軽減したり少しでも良くしたい

ということを思っているなら受けることをオススメします。

受けたほうがいいかというのは、最終的に自分が判断することになります。

辛くて悩んでいるあなたへ

実は僕もオンラインでの悩み相談、カウンセリングのサービスを行っております!

僕が直々に悩み相談やカウンセリングを行うメンタルプロテクトサービスは、オンラインで可能ですので、いつでも・どこでも気軽に取り組むことができるサービスになっております!

辛くて悩んでいる方は、是非ご利用ください!

詳しくはこちらの記事にてご確認ください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました