【最高のテクニック】ネガティブ思考をポジティブ思考に変える方法

マスター

脳神経外科→精神科クリニックにて作業療法士として勤務→オンラインカウンセリング開業。HSPの特性を活かして、悩んでいる方に対してオンラインにて悩み相談、カウンセリングを行いながら日々、メンタルヘルスの知識を発信を行っています!

マスターをフォローする
生きていく術

こんにちは!HSP×作業療法士×心理カウンセラーのマスターです!

生きていると物事を悪い方向へ考えてしまい、自分はマイナス思考だと感じる時ってありますよね。プラスに考えようとしても、なかなか難しいことも・・・そこで今回はネガティブ思考からポジティブ思考に変える方法についてご紹介していきたいと思います。

ネガティブ思考とは?

やっぱり人間はネガティブ思考になりやすい生き物ではあるんです。もともとポジティブな事とネガティブな事を比較するとネガティブの方に目が行きやすいと言う脳のメカニズムになっています。

理由としては、原始時代を生き抜くためには危険なことから身を守らないといけません。危険な事とはネガティブなことですから、ネガティブなことに注目していないと危険から身を守ることができなかったんです。

だから結局生き残れなかった人たちはネガティブなことに目を向けられずにそのまま肉食動物に襲われて殺されてしまったわけで、生き残った人たちはしっかり危険を予知したり考えたりするから今まで生き残って来れたと言うわけです。

ですのでネガティブなことに目を向けやすいと言うのは脳のメカニズム上、当たり前の事ということを前提においてください。

ですがやっぱりネガティブなことをずっと考えすぎるとそれもそれでよろしくないこともあります。

そのネガティブ思考がずっと続くことでメンタルが病んでしまったり精神疾患を患ってしまうきっかけとなったり、行動ができなくなってしまったり何か新しいことに挑戦すると言うことが難しくなってしまったりと言うことに繋がってしまう可能性があります。

ネガティブ思考は完全に悪とは言いませんがネガティブ過ぎると良いとも言えないです。

ネガティブ思考からポジティブ思考に変える方法とは?

この方法は、スリーグッドシングスと言うものになります

このスリーグッドシングスは仕事に自信が持てないと言う悩みを持った方とかにも結構有効です。

このテクニックを使用してもらうことで自分は「まだまだ頑張れる」とか「自分にはまだまだできることがある」という可能性に気づくきっかけになったりします。

そして自己肯定感も高まってくるという様々な良い作用があります。

スリーグッドシングスのやり方は?

やり方はとても簡単です。

1日の終わりやその日の良かった事というのを3つ挙げて紙に書き出す

これはスマホのメモでも大丈夫ですが、手書きの方が効果があります。

例えば・・・

・朝起きた時に窓を見たらすごい天気が良かった

・会社の上司と仲良く話すことができてちょっと距離が縮まった

・通勤の時に1回も信号に引っかからなかった

どんな小さな事でもいいのでこれを習慣化してください!

この習慣を身に付けるのは、まずは3週間は継続してみるということが大切になります。3週間続けることで習慣化される可能性が高まります!

マスターの場合

作業療法場面では・・・

関わっている患者様がいつもより元気よく体操に取り組んでくれた!
元気に挨拶してくれた!
1人でもプログラムに参加してくれた!

リワーク、カウンセリング場面では・・・

今日のカウンセリングはスムーズに進めることができた!
クライエントの方と信頼関係を深く切ることができた!
ずっと抱え込んできた何も話せなかった悩みを話してくださった!

本当にちょっとしたことでもいいので書くように僕は意識しております。

スリーグッドシングスの効果

スリーグッドシングスを続ける事は1日1日への期待感を高めてくれて

「自分には悪いことだけではなくいいことも起きるはず」

「今日も明日も明後日も楽しみだ」という意識の形を作ってくれます。

これを行っていくことで普段ネガティブなことに目が行きやすいということもポジティブなことにも目を向けられるようになってきます。

いつもネガティブなことだけにスポットが当たっていたんですけどそこから少し外れてネガティブだけではなくポジティブな面にも目を向けられる可能性が高まります。

例えば・・・

仕事について悩んでいた方もスリーグッドシングスを3カ月間続けることで物事の捉え方っていうのが変わるんです。

今だったら「新しい仕事が来たら難しそうだな」と考えてしまうところが、いつの間にか楽しみになっていたりとか「自分ならできる」というような自己肯定感が高まったりとか自信にも繋がっていくのです。

こういったポジティブな面を見れることで新しい発見というのが見れるようにもなってきます。

「チャンスを最大限に広げられるようになるのは自分だけ」

「悪いことが起きたとしてもその悪いことが良いことを引き寄せるきっかけになるんじゃないか」

「たまたま幸運だと思っていた事はたまたまじゃないんだ、自分が導いた結果なんだ」というような発見が出てくるのです。

普段からネガティブなことにしか目がいかないと言う方はぜひスリーグッドシングスを試してみてポジティブな面にも目が向けられるようにしていくと新しい発見と言うのが出てくると思うのでぜひやっていただきたいなと思います。

マスターが感じた変化

僕も普段からすごいネガティブな思考だったんです。ですがこのスリーグッドシングスを行い始めてからはネガティブなことももちろんありますが、ポジティブなこともあるんだなっていうように感じるようになりました。

悪いことだけではないなと言うふうにまず思えるようになったんです。

確かに嫌なことって生きていればあるんですよ。

だけども良いことも生きていればあるんですよ。

良いことだけって言うこと難しいし、逆に悪いことだけって言うこともなかなかないなと言うことに気づくことができたのでこのスリーグッドシングスはかなり効果があるなと思いました。

自分の自己肯定感も高まりましたし、今までネガティブなことばっかりに目がむけていたのがポジティブなことにも目を向けられるようになりました。

例えば良いことが起きたときにも「今日のスリーグッドシングスに書ける部分を見つけた!」といういうように自分からポジティブなことを探せるようになりました。

このように能動的にポジティブなことをさせるって言うことにも繋がったのもすごく良かったなと感じています!

これはオススメの方法ですので是非お試しください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました