【豆知識】HSPさんが悲しみや辛さから早く解放する方法とは?

マスター

脳神経外科→精神科クリニックにて作業療法士として勤務→オンラインカウンセリング開業。HSPの特性を活かして、悩んでいる方に対してオンラインにて悩み相談、カウンセリングを行いながら日々、メンタルヘルスの知識を発信を行っています!

マスターをフォローする
メンタルヘルス

HSP×作業療法士×心理カウンセラーマスターです!

今回は、HSPさんが悲しみや辛さから早く解放する方法について解説していきたいと思います。

HSPさんは心が繊細なため、日々ちょっとしたことでも辛く感じてしまうことや、悲しみを感じた時も倍に感じてしまい、こういった感情を引きずってしまうことがあると思います。

こんな時は、心のケアを自身でしていくことがとても重要になってきます。

僕も本当に、学生時代からずっと周りの人と比較して、傷つきやすいなとか、落ち込みやすい、悲しい気持ちになりやすいと思うことが多くありました。

これは、心の繊細さがあったり、様々なことに敏感に感じ取ってしまうということが関係していたと考えられます。また、HSPには深く考えるという特性もあり、深く考えすぎて落ち込む時間が長く続くということもありました。

ですから、今回はそういったHSPさんに向けて、辛い時、悲しい時、落ち込んだ時。こういった状態から早く解放される方法について解説していきたいと思います。



解説動画:【豆知識】HSPさんが悲しみや辛さから早く解放する方法とは?

こちらの記事の内容を動画でも解説しております。

【豆知識】HSPさんが悲しみや辛さから早く解放する方法とは?



HSPさんが悲しみや辛さから早く解放する方法とは?

みなさんは、もうどうしようもないくらい辛い時はどうしていますか?

今回ご紹介する方法は・・・

辛い時、悲しい時、落ち込んだときこそ

『悲しい曲を聴く』という方法です!

今日は彼女に振られて辛いから、アップテンポな曲でも聴くか~

このように、落ち込んでいる時こそアップテンポな曲を聴いて自分の気持ちを盛り上げようとする方は多いと思います。

気分が落ちているからこそ、気分を上げていく曲の方が当然良いと思うかもしれません。

ですが、これは逆効果なんです!

ある実験から悲しい気分の時には、悲しい曲を聴いた方が悲しみが和らぐことが明らかになっています。

これからその実験内容について解説していきたいと思います。



ある実験結果とは?

この実験では、369名の大学生に対して、まず人生の中で最も悲しかった出来事を12分間紙に書き出してもらいました。

何故紙に書き出してもらったかと言うと、悲しい気持ちにさせるための操作です。

次に悲しい曲を2曲、明るい曲2曲を選んで悲しい気持ちになってしまった学生たちに曲を聴かせました。

この結果、悲しい気持ちが和らいだのはどちらかと言うと、悲しい曲の方でした。

ですから、この実験結果をもとに考えると・・・

今日は仕事でミスして落ち込んでるから、カラオケで盛り上がる曲でも歌おうかな!

今日は全然良いことなかったから、アップテンポな曲でも聴いて元気出すかな・・・

このようにみなさんがやりがちな行動は、実は適切ではなかったわけです。

悲しい時は無理に明るくする必要はないんです。こういう時こそしんみりとした悲しい曲を聴いてしっかりと悲しみに浸ることが重要です。

やっぱり悲しいと感じることがあった時はしっかり悲しむことが大切です。

ですから、中途半端に明るい曲を聴いて無理に明るい気持ちにさせようとすると、落ち込んだ気分とか辛い気分が持続することになってしまう可能性が高まります。

そうなるくらいであれば、しっかり悲しみに浸るために悲しい曲を聴いて、悲しい気持ちに浸る方がむしろ立ち直りが早くなるということです。

ですから、悲しい気持ちや辛い気持ち、落ち込んでしまった時は、悲しい曲を聴くということを是非行ってみてください!

よく言われていることが、失恋したときはアップテンポな曲よりも失恋ソングを聴いて失恋に浸った方が失恋による悲しみからの立ち直りが早くなるとも言われています。

僕も何か悲しいときや辛いことがあった時は、悲しみに浸るためにはしんみりとした曲を聴くとか、失恋したときには、失恋ソングを聴くとったことを徹底しております。

こういう場合は、悲しみから気を逸らすよりも、ちゃんと悲しみに浸った方が良いんだなと認めています。無理に明るくするのはやはり逆効果になりますから、悲しい気分になりやすいとか落ち込みやすいといったことがあるHSPさんは、是非このことを忘れないで頂きたいなと思います。

できるだけ悲しみに浸って立ち直りを早くするということをやってみてください!



まとめ

HSPさんは心が繊細なため、日々ちょっとしたことでも辛く感じてしまうことや、悲しみを感じた時も倍に感じてしまい、こういった感情を引きずってしまうことがあると思います。

こんな時は、心のケアを自身でしていくことがとても重要になってきます。

辛い時、悲しい時、落ち込んだときこそ

『悲しい曲を聴く』という方法です!

ある実験から悲しい気分の時には、悲しい曲を聴いた方が悲しみが和らぐことが明らかになっています。

悲しい時は無理に明るくする必要はないんです。こういう時こそしんみりとした悲しい曲を聴いてしっかりと悲しみに浸ることが重要です。

少しでもこの記事が参考になって頂けたら幸いです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました