【HSP必見】コロナ禍でメンタルを守るために意識した方が良いこと

マスター

脳神経外科→精神科クリニックにて作業療法士として勤務→オンラインカウンセリング開業。HSPの特性を活かして、悩んでいる方に対してオンラインにて悩み相談、カウンセリングを行いながら日々、メンタルヘルスの知識を発信を行っています!

マスターをフォローする
メンタルヘルス

HSP×作業療法士×心理カウンセラーマスターです!

今回は、HSPさんが現在のコロナ渦でメンタルを守るために意識した頂きたいことについてお話していきたいと思います。



解説動画:コロナ禍でメンタルを守るために意識した方が良いこと

こちらの記事の内容を動画でも解説しておりますので是非ご覧ください!

【HSP必見】コロナ禍でメンタルを守るために意識した方が良いこと



コロナ渦で意識した方が良い事とは?

皆さん最近は体調の方はいかがでしょうか?

こういう状況になってから、1年以上経過しましたね。

最近すごい思う事が、コロナ渦になってから本当に精神的に病んでしまう人が非常に増えてきているなと思うんです。

それも、本当に無理もないなと感じてしまいます。

今まで、外出したりいろんな人と会って楽しめていたことが、一気に楽しみにくくなったり、外出そのものの機会が少なくなったりとか、自分の大切な人と関わる機会が少なくなってしまうという事がありますからね。

こういったことの積み重ねでメンタルがやられてしまうとか、気分がなかなか上がらないということがあると思います。

それで特に影響しているなと感じることが、テレワークという働き方が増えてきて、家にずっとこもっている状態が続いている方が増えてきていると思うんです。

そういった環境が嬉しい!という方も中にはいると思いますが、かといってずっと家に引きこもるという事はメンタル的にもあまりよろしくありません。

理由としては、やっぱり身体を動かしていないと、どんどんネガティブな気持ちになってしまうからです。

人間も動物です。動物は、『動く生き物』です!

だからこそ、人間も含めて動物は動いていないと身体もそうだし、心もすさんでしまうという事があるんです。

だから、人間じゃなくても犬とか猫とか、どんな動物でもいいんですけども、ずっと狭い空間に閉じ込められていたらかわいそうじゃないですか。

だから時々、散歩したりとか、広い空間に離してあげるとか。

このように動き回ることで、ストレスも解消されたり、心身に良い影響を与えることがあります。

人間もこれと同じことです。ずっと同じ空間にいるとなるとメンタル的にも良くない事というわけです。

家にいる時間が、増えていること自体は悪いことではありませんが、身体を動かす時間が少なくなっているということが良くないことなんです。

この身体を動かす機会が減っているということが問題なわけです。

ここで、僕はメンタルを守るためにすごく意識していることがあって、皆さんにも意識して頂きたいことがあります。

それは何かと言いますと・・・

『運動』です!

よくメンタルを守るためには、運動が必要と言われているんですけども、この運動は皆さんが思っている以上に大切なことです!

もちろんテレワークになってから、仕事も家の中でやるからなかなか外に行けないというのは、もちろんあると思うんですけども、せめて1日の中で最低でも10分くらい、最高でも30分くらいでもいいので、必ず身体動かすことを意識して頂きたいなと思います!

僕も本当にこういう状況になってから、運動はかなり意識するようになりました。



やっぱり運動をすることで、活力が少しづつ出てきたりとか

なかなか気分が晴れない時も、気晴らしになったりもします。

本当に心地の良い気分になるんです。

それで、ここで運動に関するある実験をご紹介します。



ある実験とは?

抑うつ状態に悩んでいる女性を80名集めて

そのうちの40名には抗うつ剤を与えて

抗うつ剤だけ処方されたグループ

残りの40名には抗うつ剤を処方するだけではなくて、週に3回のエアロビクスを行ってもらいました。

抗うつ剤の処方と
エアロビクスを行ったグループ

そして結果として、抗うつ剤だけ処方されたグループに関しては、36.5%が抑うつ症状を抑えることができました。

また、抗うつ剤の処方とエアロビクスを行ったグループに関しては58.5%が抑うつ症状を抑えることができたんです。

ですから、抗うつ剤ももちろん大事ですが、それだけに頼るよりも運動を一緒に行った方が効果はさらに高くなるということがわかる実験でした。

こういった実験結果を見ると、やはり運動ってどれくらいメンタルに良い影響を与えるかがわかりますよね。

現代のストレス社会では、抑うつ状態に悩む人が増えてきていますよね。

それっていろいろ便利になってきている部分もあるんですけども、その反面に身体を動かす機会も少なくなってきているので、その影響もあってメンタルが病みやすくなっているという事もあるのではないかな?と思います。

もともと僕らの祖先は、こんなに便利な世の中じゃなかったですからね。

自分で動いて狩りをして、食料を集めていたわけです。

だからなんでもかんでも、道具に頼ってしまうと人間のもともと持っているやる気というものを奪ってしまう可能性があります。

それで、運動をしっかりしていれば自然と体力を維持できたり、体力をつけるということもできます。

このように、体力がついてきたり、しっかり身体を動かしているとメンタル的にも病みにくくなったり、守ることができます。

意外にも、心と身体は密接に繋がっているんです!

身体を強くすることで、心も同時に強くなるということです。

なので、家にいる時間が増えたりとか、なかなか出かけられないという日々が続いていると思うし、これからも続くと思いますが生活のどこかに運動の要素身体をしっかり動かす要素を取り入れて頂きたいなと思います。

本当に簡単な運動や身体の動きでも大丈夫です!

僕は、朝起きたら日光を浴びると供に、家の周りを散歩するだけで良しとしています。

あとは、雨の日や家を出るのが面倒だなと感じてしまう時は、YouTubeとかで『ヨガ』『有酸素運動』と検索して室内で行っています。

簡単に5分とかでできてしまうので、本当にオススメです!

室内であれば、無料でできますし、ちょっと思い切ってみればできることですから是非皆さんにも体験して頂きたいなと思います!

本当に意外かと思いますが、運動を習慣化していくことでネガティブ思考だったり不安、憂鬱な気分が少しずつ軽減されていきます。

ですから、運動は本当に大切ということを今後も意識して自身のメンタルを守って頂きたいなと思います!

無理のない範囲で少しずつ行ってみることが大切ですよ!

少しでもこの記事が参考になって頂けたら幸いです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました