【HSP必見!】HSPさんにオススメの仕事『第5選』

マスター

脳神経外科→精神科クリニックにて作業療法士として勤務→オンラインカウンセリング開業。HSPの特性を活かして、悩んでいる方に対してオンラインにて悩み相談、カウンセリングを行いながら日々、メンタルヘルスの知識を発信を行っています!

マスターをフォローする
HSPの対策
マスター
マスター

こんにちは!HSP×作業療法士×心理カウンセラーのマスターです!

あなたは普段生活をしていて、このような考えになることがありませんか?

人の些細な言葉に傷つき忘れられなくなる

人の機嫌を気にしたり,人が怒られていると自分のことの様に感じてしまう

1人の時間を設けないと精神的にかなりキツイ

もしこのように思うことが多いのであれば、HSPの気質である可能性があります。

 

今回はそんなHSPの方に向いている仕事はどういうものがあるのかについて,HSPにオススメの仕事を紹介していきたいと思います。

HSPの方が自分に向いていない仕事を選んでしまうと、精神的な病気になってしまう可能性があるので、自分を知る(自分の適性を知る)という子とが非常に大切になってきます。

 

以下のようなことを感じている方には今後の仕事選びをする際に特に参考になるかと思います。

自分のHSPだと自覚している人

心が疲れてしまっている人

やりたい仕事が何かわからない人

ストレスのない仕事をしたい人

今の仕事が合わないと感じている人

この項目に当てはまっていると思う方はぜひ、今回の記事を見て今後の仕事選びの参考にしてみてください。

 



HSPにオススメの仕事とは?

実際にHSPの方に向いている仕事とはどういったものがあるのか、オススメの仕事とその仕事がHSPの方に向いている理由について詳しくお話ししていきたいと思います。

 

まずはHSPの方が向いている仕事を5つ紹介します。

1.ケアや癒しを与える仕事

2.動物や自然に関わる仕事

3. クリエイティブ系の仕事

4. エンジニア系の仕事

5. 人との交流が少ない仕事

では、この5つの仕事についてそれぞれ具体的な仕事と一緒に紹介していこうと思います。

 



HSPにオススメの職業【第5選】

1.ケアや癒しを与える仕事

マスター
マスター

まず1つ目に紹介するのはケアや癒しを与える仕事です。

具体的な仕事は・・・

・心理カウンセラー

・コーチング

・エステティシャン

・セラピスト

・臨床心理士

・整体師

・マッサージ師

・鍼灸師

・トレーナー

HSPは共感能力がとても高く,他人の痛みにも敏感で人一倍感情移入できるという特徴があります。

そのため,「誰かを助けたい!(役に立ちたい!)」と考える人が多いです。

また、HSPの方自身も人間関係に苦手意識を持っているからこそ「悩み」「苦しみ」に共感し、真摯に向き合うことができると考えられます。

そのため,このようなケアや癒しを与える仕事が合っていると考えられます。



2.動物や自然に関わる仕事

マスター
マスター

2つ目に紹介するのは動物や自然に関わる仕事です。

具体的な仕事は・・・

・カメラマン

・花屋

・植物園の職員

・トリマー

・獣医

・動物看護

・ドッグトレーナー

・動物園(水族館)スタッフ

・植木職人

・農業(林業)

・ガーデンデザイナー

・フラワーコーディネーター

・造園士

・ペットショップ店員

・ペットトレーナー

・ペットシッター

HSPの方の共感能力の高さは人間以外にも発揮されます。

普通の人であれば見逃すような動物のサインや仕草を認識できたり,「非言動的コミュニケーションを取ること」ができたりするので動物や自然に関わる仕事も向いていると言えます。

また,軽々しい環境を苦手とする人にとってHSPの方はこのような社会貢献性の高い動物や自然に関わる仕事は満足度が高いと感じる人が多いです。

そのため,このような動物や自然に関わる仕事が合っていると考えられます。

 



3.クリエイティブ系の仕事

マスター
マスター

3つ目に紹介するのはクリエイティブ系の仕事です。

具体的な仕事は・・・

・ゲームクリエイター

・コピーライター

・ミュージシャン

・編集,制作

・イラストレーター

・デザイナー

・画家

・ハンドメイド作家

HSPの方は感受性が豊かでゼロから何かを生み出してひらめきや独自の感性を活かすことができるので,クリエイティブな仕事というのは適性が高いと考えられます。

また,クリエイティブ系の仕事は1人で没頭して作業を行うことも多く,

この点もHSPの方にオススメできる理由の1つです。

クリエイティブな仕事というと敷居が高いと感じるかもしれませんが,

今はネットを通じて誰もがクリエイターとして自身の感性を発揮できるようになっています。

SNSで情報を発信したり,ものづくりをしてフリマアプリで販売するなど,小さな事から始められる点も大きな魅力です。

また,これらは本業としてではなく,副業としても継続できる可能性があります!

そのため,このようなクリエイティブ系の仕事が合っていると考えられます。

 



4.エンジニア系の仕事

マスター
マスター

4つ目に紹介するのはエンジニア系の仕事です。

具体的な仕事は・・・

・システムエンジニア

・インフラエンジニア

・ネットワークエンジニア

・プログラマー

・テスター

・デバッカー

・ソフトウェア開発

・システムアナリスト

HSPの方は目の前の物事を深く考え抜き,洞察力も高いため,エンジニアの様な些細なプログラムの記述の違いに気づき,気を配らなければならない仕事というのはHSPの適性を活かせる仕事です。

また,エンジニア系の仕事は1つの作業に没頭できるため,

「人間関係のストレスを抱えにくいことが多い」

という点から考えてもHSPの方に向いている仕事です。

エンジニアの仕事は専門性・将来性が高く,高収入で独立可能な職業のため,適性が合うのであればかなりおすすめの職業です!

そのため,このようなIT・WEBなどのエンジニア系の仕事が合っていると考えられます。

  



5.人との交流が少ない仕事

マスター
マスター

最後に紹介するのは人との交流が少ない仕事です。

具体的な仕事は・・・

・倉庫作業

・新聞配達

・清掃員

・図書館司書

・学芸員

・警備員

・ドライバー

・工場作業員

・重機オペレーター

・在宅ライター

・在宅デザイナー

この様な人との関わりが少ない仕事です。

HSPの方は他人の反応を過剰に気にしてしまったり,気を遣いすぎてしまうところがあるので,人との交流が少なく黙々と取り組める仕事が向いています。

よくあるケースが,

「気を遣っている時は何も思わなくても,家に帰った瞬間にぐったりしてしまい動けなくなる」

というパターンです。

これが時々であれば大きな問題ではありません。

ですが,日々の仕事だけでこのような状態になってしまうのは持続可能とは言えず,HSPの方にとっては非常に苦しい状況となります。

さらにそれを何年間もというように無理を続けていると,溜まっていたストレスが爆発してしまい「HSPうつ」になる可能性があります。

なので,ここに関してHSPの方は改めて注意をしていただきたいなと思います。

そのため,このような人との交流が少ない仕事が合っていると考えられます。

 



まとめ

今回紹介したHSPに向いている仕事はこの5つになります。

1.ケアに癒しを与える仕事

2.動物や自然に関わる仕事

3.クリエイティブ系の仕事

4.エンジニア系の仕事

5.他者との交流が少ない仕事

「HSPに合う仕事」としてこの5つの仕事を紹介しましたが,HSPで本当に仕事選びに悩んでいるのであれば,これを参考に自分に合う仕事が何か調べる必要があると思います。

今回の記事を参考に自分に合った仕事を選んでストレスの少ない生活を送りましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました