【重要】HSPがHSPじゃない人と関わる際に大切なこと

マスター

脳神経外科→精神科クリニックにて作業療法士として勤務→オンラインカウンセリング開業。HSPの特性を活かして、悩んでいる方に対してオンラインにて悩み相談、カウンセリングを行いながら日々、メンタルヘルスの知識を発信を行っています!

マスターをフォローする
HSPの対策

HSP×作業療法士×カウンセラーマスターです!

今回は、HSPさんがHSPじゃない人と関わる際に大切なことについてお話していきたいと思います。

HSPさんは様々なことを敏感に察知するとか、自分のことを犠牲にして相手を優先するという特性があります!

ですから、相手の気持ちを察して行動するということが非常に多いと思います。

自分は相手の気持ちを察して行動しているのに、周りの人が自分勝手に振舞っていたら

まったくもう・・・人の気も知らないで・・・

このように思ってしまうことってあると思います。

僕もこのように思うことがよくあります・・・

やっぱり自分とHSPじゃない人って感覚の違いがあるとはわかっていたとしても、なかなか腑に落ちずに、つい相手の行動に期待してしまうということはあると思います。

そんな時に使って欲しい言葉をこれから詳しくお話していきたいと思います。



解説動画:HSPがHSPじゃない人と関わる際に大切なこと

こちらの記事の内容を動画でも解説しておりますのでぜひご覧ください!

【重要】HSPがHSPじゃない人と関わる際に大切なこと



HSPじゃない人と関わる際に大切なことは?

なかなか自分とHSPじゃない人って感覚や思考が違いがあるとわかっていても、なかなか腑に落ちない場合は、どうしたら良いのか?

それは・・・『自分とあなたは違うから!』という言葉を口癖にしてみましょう!

これは、相手を馬鹿にしたりとか、見限っているのではなくて、その人をありのまま肯定することが目的です。

ですから、

まあ、あの人ってそういう人だよね!

という言葉を使っても構いません!

自分とあの人は違う!

という当たり前のことなんですけども、これを意識付ける練習にもなります。

やっぱり僕たちは無意識のうちに自分と相手は『同じ』と見てしまうことが多く、“自分が感じるように相手も感じるはず”と思い込んでいる事が非常に多いんです。

ところが実際は、人はそれぞれ異なった環境で育って、違う価値観とか違う考えに基づいて行動しているんです。

これは当たり前のことなんですけども、これをなかなか理解していない方が多いんです。

同じ両親から育った兄弟ですら、いろんな違いって生まれることもありますよね。

だから、その違いをあえて意識するために今回紹介した『自分とあなたは違うから!』という言葉を口癖にすることをおすすめしています。

『自分とあなたは違うから!』という言葉は、職場などにおいても有効ですけども、自分のパートナーとか、家族に対しても意識してみることも非常に効果的です!

特にパートナーに対しては、

自分と同じ価値観を持って欲しいな・・・

などと期待してしまって、その違いに気づくとかなりショックを受けてしまう事もたくさんあると思います。



僕も、学生時代に交際していた彼女がいた時は、自分と同じ考えを持って欲しいとか、同じ価値観を持って欲しいなと思って期待しても、結局違った時ってすごいショックを受けたんですよ。

でもこれは、自分が勝手に期待をしてしまっていた話ですから当然自分の思い込みが悪かったなと今思い返してみると思います。

そのためパートナーに対して、『自分とあなたは違うから!』という意識を持つことは、ちょっと突き放すような寂しさを感じるかもしれません。

ですが、そこで寂しさを感じるということは、もしかすると・・・

2人の距離が近すぎるということを暗示しています。

ですから、この考え方はパートナーとの関係、友人との関係、家族との関係などがギクシャクしている時などは、特におすすめです!

だからこそ、たくさん練習をして口癖にしていくことが大切です。

やっぱり、人はそれぞれ距離感が大切ですから、自分とあの人は違うと考えて寂しくなるようであれば、まずは距離感が近いんだなってことを認識して少しずつ距離感を保っていくという事を意識していくことが必要になるかなと思います。

じゃないと距離が近すぎて、依存関係に発展してしまうことも考えられますので注意が必要です!

僕も学生時代に彼女がいたのですが、その彼女は非常に距離が近い方で価値観とかものすごく僕に押し付けてくるという部分もありました。

距離が近すぎると価値観も一緒じゃなきゃいけない!と考えてしまう方もいますので、そうすると、考えや価値観が違った時に「何で同じ価値観じゃないの!」と攻撃的になってしまうこともありますし、

また、こちらからすると距離が近すぎることで、1人の時間を作ることがなかなかできずに、辛く感じてしまうとか、無理やり考え方や価値観を合わせなきゃいけないと考え込んでしまいストレスになってしまう事もあると思います。

そうなってしまうと、関係は悪化していく一方ですので、

人はそれぞれ考え方や価値観は違うということをしっかり覚えておく必要があるかなと思います。

ですから、HSPさんはHSPじゃない人と関わる時にはしっかり自分と相手は感覚や敏感さ、捉え方も全然違うという事はしっかりおさえて『相手に期待しすぎない』こともまずは大事になるかなと思います。

仮にHSPだったとしても、それぞれ育った環境とか、育てられた人も違うのでいろんな価値観と行動があるという事は、しっかりおさえておくと相手に期待しすぎないことや相手との距離感をしっかり保つことができると思いますので、是非『自分とあなたは違うから!』という言葉を口癖にして意識していくことが非常に重要になるかと思います!



僕も結構職場とかで意見がなかなか合わない人とか、感じ方、捉え方が合わない人がいた場合は、こちらの意見を押し付けたり、イライラしたりせずに『あ、あの人と自分は違うから意見や感じ方が違うし合わないんだ!』心の中で唱える癖をつけるとかなりラクになる部分もありましたので、とてもオススメの方法です!

少しでもこの記事が参考になって頂けたら幸いです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました