【HSP必見】他人を気にしすぎてしまう場合の対策とは?

マスター

脳神経外科→精神科クリニックにて作業療法士として勤務→オンラインカウンセリング開業。HSPの特性を活かして、悩んでいる方に対してオンラインにて悩み相談、カウンセリングを行いながら日々、メンタルヘルスの知識を発信を行っています!

マスターをフォローする
HSPの対策

HSP×作業療法士×心理カウンセラーマスターです!

今回は、他人を気にしすぎてしまうHSPさんはどうしたら良いのか?ということについてお話していきたいと思います。

HSPさんって周りの人の考えている事を深読みしすぎてしまったり、深読みしすぎた結果、深く考え込んでしまうという事が頻繁にあるかと思います。

そしてその結果、他人の視線がすごく気になるということにも繋がってしまいます。

ですから、HSPさんは人生を生きていく上で、「自分」という軸を大切にできていなくて「他人」という軸を大事にしてしまっています。

だからこそ「他人」を優先に何でも考えてしまったり、自分を犠牲にしてしまうわけです。

こういった場合は「自分軸」をしっかり作っていくということが大切になります。

この自分軸をしっかり作っていくにはどうしたら良いのか?ということについてこれから解説していきます。

解説動画:【HSP】他人を優先してしまうのを防ぐ考え方とは?

この記事の内容は下記の動画でも解説しています!

【HSP】他人を優先してしまうのを防ぐ考え方とは?

 



自分軸を作っていく方法とは?

これは・・・

人に期待しない!という考え方です!

この考え方を大事にしていきましょう!

周りの人と自分は少し違うなって頭では理解できているけれど・・・

僕があなたの気持ちを察しているように、できればあなたも僕の心を察して欲しいな~

このように期待してしまうのがHSPさんの特徴でもあります。

だからこそ、そこであえて人に期待しないということ意識してみるのです。

その考えがかえって人間関係を円滑にしていくコツでもあります。

人に期待しないとなると、人に興味がないというように感じるかもしれませんが、元々HSP気質を持つ方は、様々なことを察することが得意です。

そんなHSPさんにとっては、むしろ『相手の反応に関わらず自分を貫きます!』という宣言にもなります。

相手の気持ちを察して行動して全然相手が期待通りの反応をしてくれなかったら・・・

やっぱり自分は報われていないんだな・・・

なんでも期待通りに動いてくれないんだ!

このように辛い思いや怒りを感じてしまいます。

ですが、人は行動する前から実は・・・

あの子喜んでくれるかな?

あの人感謝してくれるかな~?

という期待を持っているんです。

つまり相手が喜んでくれるし、感謝してくれるであろうから相手の気持ちを察して行動している部分も少なからずあるものです。

そこで、人に期待しないという宣言をしてみましょう!

そうしていけば相手が喜んでくれようがくれまいが「自分はやりたい時にやりたいことをやる!」という姿勢が作られていきます。

今まで相手の気持ちを察して行動していた部分から

自分がしたいからする!

という自分軸な行動に変わっていきます!これは意外と人の気持ちを察してしまうクセを改善していくことに繋がる可能性が高まります。

この「人に期待しない!」という考えを持って人と接してみると自分軸が作られるきっかけに繋がっていくと思います。

ですから、是非「人に期待しない!」という考えを持ってこれから人と関わっていくことを意識してみてください!

いきなり明日から自分軸を作るのは難しいため、少しずつの練習や積み重ねを行っていきスモールステップとして意識していくと自分軸が徐々に作られていきます。

また、人に期待してしまうと、思い通りにならなかったら、怒りの感情が出現してしまうことにもなりますから「人に期待しない」ということは怒りの感情を発生させないコツでもあります。

ですから、人に期待しないという考えは、他人を目を気にしなくなるためにも必要な考えですし、感情をコントロールするためにも必要な考えになります。みなさんも是非このような考えを持っていく意識を持って頂けたらなと思います。

 



まとめ

HSPさんは他人を気にしすぎてしまうということが頻繁にあると思います。

それは自分軸が作られておらず他人を優先に考えてしまうことが影響しています。

そこで他人を気にしすぎる場合の対策としては、「人に期待しない」という考え方を持つことです。

「人に期待しない」という考え方を持つと、自分軸が作られるきっかけになります。

また、怒りの感情を発生させないコツにも繋がります。

ですから、他人を気にしすぎてしまうHSPさんは「人に期待しない」という考え方を持つ意識を持ってみましょう!

少しでもこの記事が参考になって頂けたら幸いです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました